2005〜2006年新着情報ページはこちら / 2004年12月以前の新着情報ページはこちら

2007.9
写真:映画祭の合間リラックスしているマイケル、マラガにて。
courtesy Estepona International Fantasy and Horror Film Festival

祝♪主演男優賞受賞!


マイケルが、映画SEEDでスペイン国際ファンタジー・ホラー映画祭(VIII Estepona International Fantasy and Horror Film Festival)のStone Unicorn賞(主演男優賞)を受賞いたしました!!

次回のオフィシャルブログへは、この映画祭について執筆を予定しているとのこと。受賞へのマイケルの思い、どのように語ってくれるのでしょう。楽しみにお待ちくださいませ。

写真は、9月初旬スペイン・マラガに滞在中、映画祭合間のリラックスの一枚。

2007.9

*カウントダウンスタート


マイケルの誕生日10月9日へ向けてカウントダウンがスタートいたしました。
そして今年も、サイトにてマイケル宛のメッセージを募集いたします。
皆様のメッセージで、マイケルのお誕生日に彩りを♪
誕生日を過ぎましたらカウントダウンページ に掲載させていただきます(^^)

メッセージはこちらのメールフォームからお願いします。

***

マイケルにメッセージカードを♪
メッセージカードの宛先はこちら

c/o Greater Vision Artists (GVA)
9229 Sunset Blvd. Suite 320
West Hollywood CA 90069
USA

2007.8

マイケル・パレ出演作品予告集

starpulse.com:マイケル・パレ予告集から、マイケル作品の予告を視聴することができます。

あーんなマイケルこーんなマイケル、しばし浸ってくださいまし♪

2007.7
オフィシャルブログ日本語版

マイケル・パレオフィシャルブログスタート

マイケル・パレオフィシャルブログがスタートしました。
日本語版では、マイケルの原稿を日本語に訳して掲載してまいります。

記事の下にありますComments Formより、熱きメッセージをよろしくお願いします。
各記事にコメントを投稿することができますが、確認後掲載となっております。
掲載まで、しばらくお待ちください。

マイケル・パレオフィシャルブログへ
オフィシャルブログ英語版はこちらから)

2007.7
マイケル近影。サットンホテルのカフェにて
photo credit:中藤毅彦

バンクーバー、サットンホテルのカフェにて

気鋭のカメラマン中藤毅彦氏(ニコン フォトコンテスト インターナショナル賞受賞)と歓談するマイケル。手にしている写真は当時アムステルダム在住のマイケルを現地取材した際、映画誌用に撮影したカメラマンお気に入りの一枚。

2007.6
Polycarpのワンシーン
courtesy Del Vecchio Production

新作Polycarp動画公開中

Polycarpの動画公開中。

My Space TV.comからご覧になれます。

My Spaceの登録なしでご覧いただくことはできますが、
コメント送信などはメンバー限定です。
登録は日本語にも対応していて簡単にできますので、この機会に登録してみては♪
登録は、各ページの右上の「ユーザー登録」をクリックしてすすめてください。

My Space:Michael Pare

2007.5

新作100 FEETブダペストで撮影中

「バッドムーン」の監督と再び組んだ最新作100 FEETのブダペストロケは追い込みに入っている。その後ロサンゼルスでもいくつかのシーン撮影が行われる予定。
「エリック(レッド監督)との仕事はいつも楽しい。撮影は順調で、妻を演じるファムケ・ヤンセンは美しく、プロフェッショナルな女優です」(マイケル談)

2007.5
カンヌ映画祭メイン会場「パレ」

BloodRayne II, Seed, Postalカンヌマーケットでお披露目

U2のサプライズ・コンサートで60周年を祝ったカンヌ映画祭の開催中、併設のフィルムマーケットでは新作のBloodRayne II, Seed, Postalがそれぞれ2回ずつ上映される。BloodRayne IIは前 作ブラッドレインの続編。レインと共にバンパイヤー、ビリー・ザ・キッドが君臨する西部の村へ向かうギャレット保安官を演じる。トム・コーディを彷彿とさせるムーディなパット・ギャレットは必見、ユーチューブで公開中のプロモビデオでどうぞ。

Bloodrayne IIプロモビデオ

2007.5

恒例Fangoria Conventionへ出席

ホラーファンが集まるファンゴリア・コンベンションでは新作ブラッドレインIIを紹介するプロモーションビデオ上映とマイケルやザック・ウオードら出演者への質疑応答が行われる予定。カンヌなど業界のマーケットとは違って参加費を払えば誰でも出席できる。詳細は主催者のサイトで。

Creation Entertainment

2007.5

写真:ブラッドレイン2撮影中のマイケル
courtesy: Boll Kino

ブラッドレイン続編プロモビデオ公開

昨年12月に撮影を終えたブラッドレインの続編BloodRayne II: Deliveranceのビデオ・クリップが公開されている。ハーフバンパイヤー、ブラッドレイン(ナターシャ・マルテ)はブリムストーン・ソサエティの一員でもある伝説の保安官パット・ギャレット(マイケル)と出会い、さらに二人の仲間を募って、西部の町を破壊し牛耳る悪のバンパイヤー、ビリー・ザ・キッド(ザック・ウオード)に戦いを挑む。映画はホラーのジャンルを超えてバンパイヤー対カウボーイのアクションでもあり、監督・出演者のインタビュー後記が楽しい。

「念のため付記すると:
監督は犯罪者じゃないし
ナターシャ・マルテは人殺しが好きな訳じゃない
ザック・ウオードは子供を食ったりはしないよ」

プロモビデオその1
プロモビデオその2

2007.4

写真:Tunnel Rats 撮影中のマイケル
courtesy: Boll Kino

反戦映画 Tunnel Rats 撮影終了

3月下旬、ウヴァ・ボール監督作、 Tunnel Ratsの撮影が終了した。舞台は1970年ベトナム。アメリカ軍の空爆で壊滅したと思われたベトコンの拠点クー・チー村で、兵士たちは地下トンネルに潜って戦いを続けた。ボール監督のブログによれば、アフリカ・ケープタウンでの撮影はキングコブラの出没を警戒しながら行われたそうだが、俳優陣の安全は十分に確保されており、マイケルによれば撮影は監督の報告ほど危険ではなかったらしい。

2007.3

写真:Polycarp
(c) 2007 Polycarp

新作Polycarp撮影終了

登場人物すべてが疑わしい・・・刑事バリー(マイケル)でさえも。
ニューヨーク近郊のホーボーケンで行われていた撮影は無事終了。6月のホーボーケン国際映画祭上映に向けてポストプロダクションのまっさい中。  
公式サイト:Polycarp

2007.1

写真:Polycarp

新作Polycarpの撮影まもなくスタート

間もなくニューヨーク郊外で撮影が始まる新作は、殉教の主教ポリカープをテーマにしたサスペンス・スリラー。聖書の予言をなぞるかのように起こる事件に登場する精神科医、弁護士、刑事、ロックスター。その全員が疑わしい。  刑事役を演じるマイケルは、長年の友人でもあるオスカー候補の常連チャールズ・ダニングとの共演を楽しみにしているという。他に元ミスアメリカのケリー・マッカーティも出演している。来る6月に開催されるホーボーケン国際映画祭でお披露目の予定。

2007.1

写真:Inland Empire

やっとお披露目Inland Empireの日本公開決定

足かけ3年にわたって撮影されたデビッド・リンチ監督の新作がヴェネチア映画祭の特別招待作品として上映された。相変わらず賛否両論。日本公開は4月に決定している。多士済々の俳優多数出演のため、ナスターシャ・キンスキーでさえ数秒の出演らしい。一昨年数日にわたって撮影されたマイケルの出演シーンはどうなるだろうか。

2006.12

写真:The Furnace 米ポスター

新作The Furnaceの音楽公開

米配給会社がようやくライオンズ・ゲートに決まった模様。映画に使用された曲は以下のサイトで試聴でき、オリジナル曲を含めホラーらしからぬムーディな曲が使用されている。音楽監督はこの映画が二作目となる気鋭のノア・ソロタ(Noah Sorota)。

演技派トム・サイズモア、リングで人気急上昇中のケリー・ステイブルズ、ラップ集団マーダラーズの出世頭ジャ・ルール、そして脇役を超えた存在感のダニー・トレホなど多彩な共演者に混じって名子役ビクトリア・ヘスターの愛らしさは必見。

試聴*NOAH SOROTA
視聴*Guts and Gory: Horror Movie Discussion

2006.12

写真:SEED湖上のワンシーン
courtesy Boll Kino  Polycarp

写真:音楽担当のジェシカと
(c) 2007 Official MP Fan Club

新作SEEDの撮影現場取材を敢行

ボール監督とは4作目となるSEED。当クラブは中藤毅彦カメラマンと共に昨夏バンクーバー郊外で行われた撮影現場を取材した。バンクーバー中心部のホテルから迎えの車で30分、夕方5時にロケ現場の湖畔に到着した。入念な打ち合わせのあと、撮影が始まったのは午後9時をまわった頃。 ビショップ刑事に扮したマイケルはボートに乗船して湖上の人となる。脱走した囚人シードの追跡シーンをカメラが追う。予定の撮影は午前2時まで続いた。詳細は近々掲載予定のロケ地訪問ルポで。

2006.12

写真:Bloodrayne2撮影地
courtesy Boll Kino

新作BloodRayne II: Deliveranceの撮影終了

昨年公開されたブラッドレインでは数分の特別出演だったマイケル、ビリー・ザ・キッド時代の西部へ舞台を移した続編では、レインと共に吸血鬼ビリー・ザ・キッドと闘う伝説の保安官、パット・ギャレットを演じる。レイン役は前作のクリスタナ・ローケンからナターシャ・マルテに変わった。

「ダレダレ・ロングコート」のマイケルは、西部開拓時代にタイム・ワープしたトム・コーディを思わせる。やっぱり主役が似合うブラッドレインの続編、前作同様に日活配給の劇場公開をお願いしたい。

(c) 2005 The Official Michael Pare Fan Club all rights reserved