Sanctimony in Cannes
第53回カンヌ2000国際映画祭リポート

引き続き海辺のパーティに出席しました
photo: Star Theater
Star Theater in Cannes 2000
Sanctimony (シアトル猟奇殺人捜査)のワールドプレミアが行われたStar Theatreはカンヌで最も古い由緒ある劇場のひとつ。各国のバイヤーたちで続々と席は埋まっていき、評判の高さをうかがわせる。

満員の観客席を見渡せば、主演女優キャサリン・オクセンバーグもいる。開演に先立ってウベ・ボール監督の舞台挨拶。こいつは期待できそうだ。


photo: party
courtesy Regent Entertainment
めまぐるしく切り替わる映像がいい。マイケル・パレとエリック・ロバーツの絡みもうれしくなってしまう。演出の冴えもあったのか、珍しいことに業界人が最後まで席を立たないのだ。マイケル・パレのアップで終わるラストにはなんと拍手まで湧き起こった。
第一弾★監督+撮影監督+キャサリン・オクセンバーグ
第二弾★マイケル・パレの独占インタビューに続く。


  
           
back nest

上部にフレームメニューが出ていない方はこちら

(c) 2005 The Official Michael Pare Fan Club all rights reserved